銀座バイオレゾナンスデンタルクリニック
トップページコンセプトノンメタル治療金属アレルギー共鳴装置を使った診断と治療クリニック案内

口の検診(歯の健康診断)


口腔内検診(歯の健康診断)歯軋り・食い縛り

歯の健康診断(口の検診) 全く新しい歯の検診をご提案します。

虫歯の検診だけではなく、お口の中の金属の詰め物にどれ位の電気が溜まっているか、一度測定してみませんか?

口の中の金属に電気が溜まるって、どういうことでしょうか?
ガルバニー電流という歯科金属が、唾液により通電してしまうことです。
時間と共に金属の腐食・サビが進み、それらを飲み込んだり、吸い込んでいることとなり、身体にダメージを与えだします。



一般的に銀歯とは、「パラジウム合金」「アマルガム」などの保険治療で使用される金属のことを言います。
また、保険でない治療でも、歯の根の治療を(根管治療)された場合は、歯の根の部分に金属が使われている場合があります。

異常な電流電圧が存在することで、神経系、筋肉系が休む暇無く緊張し続けます。当然疲弊しますし、長年本人が気付かない緊張状態を強いられるのです。
そして、携帯電話やパソコンなどの人工電磁波の中での劣悪な環境で日々、生活をし、精神的・肉体的ストレスを受け続けています。
これらが食いしばりや歯軋り(はぎしり)の原因要素であるでしょう。
実際、歯の金属を除去された患者様の約90%の方が、肩凝り・片頭痛・食い縛りが楽になったと言われます。



銀座バイオレゾナンスデンタルクリニックでは、ゼロテクターという測定器を使用して患者様のお口の中にどれ位電気が溜まっているかが測定できます。

歯軋り(はぎしり)、食い縛りは、当クリニックでは重点を置いている治療方法です。
何故なら、現代の日本において歯磨きをしていない人は殆どいないでしょう。
にも関わらず、特に奥歯を抜かなければならない程、グラグラと動揺した歯をされている方が意外と多くいらっしゃいます。
一見歯周病と見間違えますし、患者さんは「咬むと痛いから抜いて欲しい」とおっしゃいます。しかし本当に歯周病なのでしょうか?



歯周病ですと、一本の歯に限局せずに、歯の全部に動揺が認められます。
一本の歯だけに限局した動揺歯、咬んだ時だけ痛い歯などそれらの原因は一体何でしょう?
答えは食い縛る力です。
歯を磨く事をプラークコントロールと呼び、細菌類の減少を目的としています。
それと同様にコントロールしなければならないものが“力”です。
アメリカの最新情報で歯を失う確立は虫歯22% 歯周病25% 外傷、事故8%
では残りの40%近くは何だと思われますか?
実は歯軋り、食いしばりなのです。無意識に咬み過ぎるのです。

このストレス社会の中で生活をする我々は食い縛る事で必死に耐え抜いています。
そして寝ている間にも精神的、肉体的ストレスを吐き出す為に歯軋りをしているのです。

歯軋りや、食い縛りは、一本の歯に対して、その人の体重の5〜15倍の力がかかると言われています。
成人男性60kgの人なら、300kgから900kg、1t近くにもなるわけです。
これ程の力が毎日毎晩加われば、当然歯は壊れる訳です。
そしてその歯軋りや食い縛りによる力の影響は、歯だけではなく、顎、首、頭、肩の範囲の筋肉が過度に緊張することにより、
片頭痛、肩こり、顎関節症、耳鳴りなどの症状を引き起こします。



それから、“よく咬んで食べなさい”と小さい頃から誰もが親から聞いたと思います。
よく咬むことを誤解しているかもしれません。
よく咬むとは味わう事を言っていますが、力いっぱい咬みなさい、力を入れて咬みなさいとは言っていません。
効率的に咬むということは力を入れて咬むことではなく、力をいれなくても咬むことが出来ることが効果的なのです。
楽しくゆっくり美味しい料理を食べる時、味わいながら感動しながら食べますよね。
この咬み方が大脳辺縁系を使った人の本来の咬み方です。
この時、力を入れてガチガチに咬んでいるでしょうか。
では、ガチガチに咬んでいる時はどんな時でしょうか?
時間が無い、イライラしている、急いでいる、など、いずれもストレスがかかっている時です。
じゃあ何故、ストレスがかかるとガチガチに咬んでしまうのでしょう。
無意識にこのストレスのある状況から抜け出したいという意識が強く働くからです。



当クリニックでは、現代のストレスから歯を守り、ご自身のエネルギーを上手に効果的に使って、歯にダメージを与えない目的で、スプリント(マウスガード)の使用をお勧めしています。
大事なお身体を守る為に、無筋肉位状態での噛み合わせを実現する、各個人に合ったスプリント(マウスガード)を作っています。

スプリントを装着された患者様の反応は、頭痛の消失、起床時の頭の軽さ、肩こりの軽減、腰痛の軽減、美容的には顔の筋肉の張りが無くなり小顔になった、眉間の皴が無くなった、口腔内においては、奥歯の噛み締めた時の痛みの軽減、血管や神経の噛み締めによる圧迫が無くなり、味覚の繊細さ、歯肉がピンク色になった、口の中が明るくなった、、、など様々な効果があったという感想を得ています。


ノンメタル治療

金属アレルギー

共鳴装置を使った診断と治療

からだに優しいセラミック