銀座バイオレゾナンスデンタルクリニック
トップページコンセプトノンメタル治療金属アレルギー共鳴装置を使った診断と治療クリニック案内

ヒールオゾン治療



ヒールオゾンで「削らない」「痛くない」むし歯治療

ヒールオゾン治療は、塩素の7倍と言われるオゾンの高い殺菌力を利用して、虫歯菌の殺菌を行う治療で、ドイツを中心にヨーロッパ諸国やアメリカで広く行われている治療方法です。
ヒールオゾン治療は、従来の治療のように虫歯を削って除去するのではなく、オゾンを虫歯に照射することによって、99%の虫歯菌を殺菌しますので、多くの場合、痛みもほとんど無く、麻酔もほぼ必要ありません。

すでに世界中で20万ケースの治療実績があり、虫歯だけでなく知覚過敏など、幅広い症例にも対応可能です。歯をあまり削りたくない方やできるだけ痛みを少なくしてほしいという方は、お気軽にご相談ください。



オゾンとは

オゾンは、化学式ではO3と表記される気体で、何かに触れると瞬時に分解反応を行い酸素(O2)に戻ります。その時の強力な酸化作用をむし歯菌などの殺菌に応用したものがヒールオゾン治療です。



オゾンを細菌やウィルスに10秒間接触させると99%、20秒間では99.9%を死滅させたり不活化させることが出来ます。



ヒールオゾンのメリット

■ 歯を削る量が少なくて済む
■ 歯の神経を残せる可能性が高くなる
■ ヒールオゾンを使用した場合の副作用は現時点ではでていない
■ 歯を削る量が少ないので、痛みが出にくい
■ 薬剤を使用しないので、薬剤を使用する治療法よりも安全性が高い
■ 根管治療や虫歯の予防にも使用できる
■ ヒールオゾン装置の操作が簡単なので治療時間を短縮できる



当院では最新のヒールオゾン治療機を導入しました


現在、日本でヒールオゾン治療に用いられている治療機には、旧型(写真左)と新型(写真右)があります。

旧型は、周りの空気を使用してオゾンを発生させていたため、オゾン濃度が2100ppmと低濃度だったのですが、新型は高濃度の酸素を使ってオゾンを発生させていますので、オゾン濃度が14400ppmと、旧型と比べて約7倍の高濃度オゾンを発生させることが可能です。

これによって、従来まではオゾン濃度が低くて深い虫歯には対応できなかった症例でも、治療が可能になりました。


ノンメタル治療

金属アレルギー

共鳴装置を使った診断と治療

からだに優しいセラミック